おねえさんとなつやすみ 第4話ネタバレ

投稿日:

おねえさんとなつやすみ18

無料立ち読みはこちら
おねえさんとなつやすみ

「いいよ…お姉さんの中に全部出して…っ」

お姉さんは私の身体を倒すと唇を重ねてきた。
初めてのキスは舌と舌を絡めあう濃厚な口づけ。
お互いの唾液を交換しているとセッ○スとは違う気持ち良さがあった。
お姉さんが腰を激しく動かし続けていた衝動から、私の下半身に我慢しきれない衝動がこみ上げてくる。
2人の繋がったところから淫らな音が響き、お姉さんの中は一層強く絡みついてきた。
私の精○を吸い上げようと膣圧が締めつけてくる。
「いいよ…お姉さんの中に全部出して…っ」
一物が跳ね上がったあと何度も射○を繰り返した。
熱帯夜の中、2人とも汗だくになりながら荒い息を吐く。
セッ○スが終わっても下半身は繋がったままだった。
気がつくと私のものは再び硬さを取り戻している。
「今度はボクくんから…してくれる?」
仰向けになって大きく広げた両脚の間には綺麗な花弁が広がっている。
女性のその場所をじっくり見るのはこの時が初めてだ。
私はお姉さんの股の間に飛び込むと自ら中へと導いてくれた。
割れ目を押し広げて挿っていくと甘い吐息をこぼす。
無我夢中で腰を振り続けてセッ○スする私を全身で受け止めてくれる。
「いいよっ…いいっ…」
お姉さんは潤んだ瞳でもっと激しくと促してきた。
精○を注ぎ込む量は衰えることなく、お姉さんの中に打ち突けていく。
強烈な膣圧は残っている精○全部を搾り取られていくようだった。
「お風呂…入ろうか?」
夜中にこっそりと2人で浴びるシャワーは…

 

-おねえさん

Copyright© おねえさんとなつやすみ@ネタバレと無料画像!エロ仕上げ , 2019 All Rights Reserved.