おねえさんとなつやすみ 第2話ネタバレ

投稿日:

おねえさんとなつやすみ16

無料立ち読みはこちら
おねえさんとなつやすみ

 

「気持ち良かった?このことは二人だけの秘密だよ」

お姉さんの膝の上に寝かされた私は、頭を撫でられながらゆっくりと服を脱がされていった。
すると下半身はいつの間にか痛いくらい激しく自己主張していた。
見られて恥ずかしく思っても収まる気配はない。
楽にしてくれようとするお姉さんの手は私の竿を上下させていった。
その快感はすぐにやってくる。
お姉さんの手の動きは次第に速くなっていく。
下半身への刺激も強くなってくると、漏れそうになる尿意が高まっていった。
湧き上がってくる尿意は我慢しきれなくなってくる。
そして味わったことのない開放感が駆け抜けていく。
見たこともない白い粘液が何度も吹き出してきた。
「気持ち良かった?このことは二人だけの秘密だよ」
翌日になっても頭の中はお姉さんのことでいっぱいだった。
お姉さんは人目のつかない所へ連れていってくれ、夜はおっぱいをせがんだ。
気恥ずかしさもあったが男の本能と言わんばかりに乳首に吸い付く。
舌で乳首を転がしていると涎で濡れていく身体が卑猥に映る。
潤んだ瞳で声を殺したまま身体を震わせていた。
お姉さんは、もっと気持ちいいことしてあげると言って…

 

-おねえさん

Copyright© おねえさんとなつやすみ@ネタバレと無料画像!エロ仕上げ , 2019 All Rights Reserved.