おねえさんとなつやすみ を楽しむあなたへ

おねえさんとなつやすみ15

無料立ち読みはこちら
おねえさんとなつやすみ

 

「じゃあお姉さんがやり方…教えてあげるね」第1話ネタバレ

今でもたまに思い出す…
20年以上前の夏のことを…
夏休みになると毎年祖父母のもとへ預けられていた。
目に入るのは田園と山ばかりで、うるさいほどセミの鳴き声がしている片田舎の町。
そして私は初めて彼女に出会う。
そのお姉さんと私は従姉妹か又従兄弟の間柄だったらしい。
美しい大人の女性と対面した私は緊張で固まってしまった。
私の目線まで腰を屈め、柔和な微笑みで気さくに声をかけてくれた。
そんな魅力的なお姉さんにもっと近づきたいと思うようになる。
そのあと勉強を見てもらうようになり、何気に見上げるとお姉さんの胸元が目に入った。
引き込まれそうな胸の谷間に心臓は高鳴る。
芽生え始めた好奇心で勉強に身が入らない。
ほのかにしか異性を意識していなかったのに、女性への性欲を初めて自覚した日だった。
少年が夏休みに遊んでいた虫取りなどはこの日を境に大きく変わっていく。
その夜、お風呂に入ろうと服を脱いでいるお姉さんを覗いてしまう。
許されない自覚はあった。
しかし、あと少し待っていればもしかして見れるかもしれない。
どんな形や色をしているのか、覗きながら想像していると股間は硬く大きくなっていた。
その時、お姉さんと目が合った気がしてすぐに逃げ出した。
真夜中、近づく足音で目が覚める。
「さっき…その…見てたよね?」
お姉さんは泣き始めた私を優しく諭してくれた。
「ね、ボクくんはひとりでしたことある?」
やり方を教えてくれると言うお姉さんは、自ら服をめくり上げて艶かしい肢体を浮かび上げる。
次にブラジャーの端に指をかけた。
露わになった大きなおっぱいの中央にはピンクの乳首が突き立っている。
衝撃的な光景は興奮を促した。
「じゃあお姉さんがやり方…教えてあげるね」
導いてくれるお姉さんの手で握りしめた乳房は…

 

投稿日:

Copyright© おねえさんとなつやすみ@ネタバレと無料画像!エロ仕上げ , 2019 All Rights Reserved.